家づくりの源泉となる、厳選された素材・建材

目に見えない建材にこだわり、肌で体感できる素材で味わう。
それこそ亀山建築の家づくり「基本性能が高く、居心地をデザインする家」。
亀山建築は素材から厳選し、住む人の居心地の良さを提供します。
そんな亀山建築の家を構成する、厳選された素材・建材たちをご紹介します。

1.セルロースファイバー

亀山建築では、断熱材はセルロースファイバーを採用しています。セルロースファイバーとは、新聞紙・段ボール・木材などを原料として造られる木質系断熱材です。製造時に排出される二酸化炭素の量が他の断熱材と比較して最も小さいことが特徴です。つまり、環境に配慮した、地球にもお家にも、そして住む人にもやさしい断熱材なのです。また、セルロースファイバーは、調質性に優れていますので、湿気や結露による住宅劣化を抑え、年間を通じていつでも快適な住環境を整う、「冬暖かく、夏涼しい」家を実現しています。

2.漆喰・珪藻土

天然素材100%の「住む人と同じように呼吸する」壁材である漆喰を使用しています。日本の伝統的な壁仕上げ材である漆喰は、湿気をよく吸収し、日本独特の「高温多湿」の気候に最適な壁材です。漆喰塗りは、真っ白で光沢感のある意匠性が、モダンな雰囲気を演出します。珪藻土よりも、コストダウンが図れます。

また、珪藻土においても、調質性及び消臭機能があり、漆喰よりも高性能であるといえます。珪藻土は自ら固まることができないので、硬化剤により固めますが、亀山建築の硬化剤はもちろん、自然由来の硬化剤を使用。職人の手間はかかりますが、それもお客様のため。調質性を高い水準で保ち、有害物質を排出しない素材と、丹念な職人技を提供いたします。

3.無垢材

アパートに住まれた経験のある方は、「合板フローリング」と呼ばれる床に足をついたとき、夏場はべたっと、冬場は凍てつくような冷たさを感じたことがあると思います。亀山建築では、合板フローリングではなく、無垢材と呼ばれる自然素材を床はもちろん、柱などにも採用しております。無垢材の特有の調湿性と断熱性で、一年通して心地よい暮らしができます。無垢材ならではの香りと肌ざわりで、あなたの家の中でも木林浴気分が味わえます。

4.建具

和モダンを演出するのに必要な要素として、亀山建築では、「建具」にも細工を施しています。格子戸のデザインは、計算しつくされ規則的に並ぶ細かい桟によって、日本の伝統美を演出。夕暮れ時、襖に木のシルエットを投影すれば、街の喧噪をも忘れる、癒しの空間になります。現在の街並みにほどよくなじむ、純和風ではなく、モダンなデザインをご提案いたします。

5.薪ストーブ

厳寒期の朝、スッと布団から出られる暖かい部屋。寒さを我慢しながらキッチンに立つことも、子供たちはストーブの前を取り合うこともない。支度を終え、玄関を開けたとき初めて外の寒さに気づきます。常州の厳しい冬でも、薪ストーブ一台で部屋中が温まり、エアコンにはない火のぬくもりが心地よい住まい。暖かい部屋には人が集まる、家族や友人、大事な人やペットと過ごす時間が長くなるかもしれませんね。



+Kへのお問合わせは・モデルハウスの内覧・資料のご請求は、以下のフォーム又はお電話・メールにて承っております。


Tel.0120-7320-99

Mail.info@khome21.com


モデルハウス内覧予約

※大変お手数ですが必須項目はすべてご記入頂き、「送信」ボタンを押してください。

お名前
郵便番号
住所
電話番号
メールアドレス
第一希望日 時間帯
第二希望日 時間帯
内覧しようと思ったきっかけを記入して下さい
その他/ご相談、ご質問などご記入下さい