亀山建築から発信する情報

検索

ビックサイトで行われた「建築建材展」に行って来ました。
住宅・店舗・ビル用の最新の各種建材、設備機器やソフトウエア、設計・工事、関連製品・サービスなどを幅広く紹介する展示会です。
出展者数295社、会期中の来場者数は10万人と大きな展示会です。
一般建材・関連製品が展示されていたり、環境分野の最新技術を紹介する展示。また、熊本地震により関心が高まっている耐震性や、2020年を目前にしたZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)に関わるセミナーも実施されていました。


今回平屋の家で初採用した、あみパネルのブースもありました。

昔の畳織り機械も展示していて、たくさんの人が見学していました。

いろいろ勉強になる展示がたくさんありました。
即使えそうな物を見極めて、家作りに生かして行きたいです。





+Kへのお問合わせは・モデルハウスの内覧・資料のご請求は、以下のフォーム又はお電話・メールにて承っております。


Tel.0120-7320-99

Mail.info@khome21.com


モデルハウス内覧予約

※大変お手数ですが必須項目はすべてご記入頂き、「送信」ボタンを押してください。

お名前
郵便番号
住所
電話番号
メールアドレス
第一希望日 時間帯
第二希望日 時間帯
内覧しようと思ったきっかけを記入して下さい
その他/ご相談、ご質問などご記入下さい

東京ビックサイトで行われている、日本最大の建築建材の専門展示会に行ってきました。
今年はジャパンホームショーとして「8つのゾーン」と3つの集中展示「ふるさと建材・家具見本市」「ストーンフェア 東京」「庭づくり・ガーデニング展」 「断熱建材・システム特集」にわかれています。
東ホールをすべて使い 1000社 1900ブース 45,000人が来場するビックなイベントです。
pa270044
会場内では建築専門のセミナーも多数行われています。初めに当社でも使っている家具のデザイナー小泉誠氏×わざわ座のセミナーを聞きました。
わざわ座は、暮らしの道具としての木の住まい、大工の手仕事に光をあてるプロジェクトです。
セミナーの中で、『 醜い物に囲まれていたら、心はすさみ、潤いがなくなる。-柳宗悦 』 というと言葉が残りました。
確かに安くて簡単に、手にはいる物はたくさんありますが、やはり手仕事で作った物には、作り手の心が宿るとおもいます。
目に見えるも所・手で触れる所はできるだけ、木と自然素材と手仕事で作りたいと改めて思いました。

賛同している工務店さんの大工さんが、工事中の端材を使いイスをつくりました。
各地方、大工さんにより加工の仕方や、座面の布が特徴がでていて違います。

pa270030
和の空間、オリンピックに向けての海外戦略なのか?
pa270040
ハイヒールの浴槽・これに入るとセレブ気分?
pa270045
新しい商品などが見学できて大変勉強となりました。
オープンの10時~最終の17時まで1日タップリ見学できました。





+Kへのお問合わせは・モデルハウスの内覧・資料のご請求は、以下のフォーム又はお電話・メールにて承っております。


Tel.0120-7320-99

Mail.info@khome21.com


モデルハウス内覧予約

※大変お手数ですが必須項目はすべてご記入頂き、「送信」ボタンを押してください。

お名前
郵便番号
住所
電話番号
メールアドレス
第一希望日 時間帯
第二希望日 時間帯
内覧しようと思ったきっかけを記入して下さい
その他/ご相談、ご質問などご記入下さい